[S] PCで使っているキーボードとマウスがタブレットやスマートフォンで使えるようになるiBUFFALOのBSHSBT04BKを試してみました


以前見かけてから気になっていたiBUFFALOのBSHSBT04BKを購入してみました。
PC側とスマートフォン側で行う設定についてまとめました。

これが何かと言いますとPCで使っているキーボードとマウスがタブレットやスマートフォンで使えるようになるというシロモノです。
仕組みとしてはPCにこの装置がBluetoothの発信機になってベアリングが出来るようになるという仕組みです。

以前はBluetoothのキーボードを使っていたのですがPCのキー配列がWindowsの標準と異なっていたりで少々使い勝手が悪く結局Logicoolの無線に戻していました。
ずっと思っていたPCのキーボードでスマートフォンに入力するということが実現できました。

使うにはPC側の操作とスマートフォン側の操作が必要です。
(スマートフォンはベアリングの認証をするだけです。)

PC側の設定

まずBSHSBT04BKをPCに接続します。するとVirtualHIDという名称で認識されます。

2014-01-31_123833

VirtualHIDを開くとこのような構成になっているので「VirtualHID.exe」を実行します。

2014-01-31_123850

するとこのようにデスクトップ上にキーボードの画面が現れます。

2014-01-31_123918

次にツールバーのBluetoothをクリックしてベアリング開始をクリックします。

2014-01-31_123952

するとこのような画面が表示されます。
これでPCの側の操作は完了です。
以降はこの「VirtualHID.exe」をします。

2014-01-31_124008

 

スマートフォン側の設定

スマートフォン側ではBluetoothの設定画面を出します。
するとこのようにキーボードが表示されるのでタッチします。

接続されましたという表示が出たら使用できるようになりました。簡単ですね。

使ってみた感想

Bluetoothのキーボード配列だとどれがどれにあたるのかよくわからないときがありましたがキー配列が表示されるので直感的に使用出来ました。
使っていて不便に感じたのは入力切替のコマンドがなく、PCの画面上でアクティブ/非アクティブの操作で切りかえるしかないところが不便でした。
対策として、仮想デスクトップにして「VirtualHID.exe」だけを別のデスクトップに移動してみました。
PC→スマートフォンへの操作切替は仮想デスクトップの切替で対応できたので良かったのですがスマートフォン→PCへの復帰はどうしてもマウス操作が必要になるため不便でした。
今後のアップデートなどでコマンド切替を実装してくれないかなと期待しています。
ただ、その難点を考えても今使っているキーボードとマウスで入力ができるようになるのはとても魅力的でした。