結婚式の二次会や会社のイベント向け景品まとめ

オギシュウ
二次会の景品って何にしたら良いんだろう?

結婚式の二次会や会社のイベントなど意外と景品を手配しなければいけない機会ってありますよね。
私も何度も経験していますがその度に何を選ぼうか迷ってしまいます。
何回も選んできた経験からこれは外さないだろうという鉄板アイテムをまとめました。

ディズニー ペアチケット

価格帯

17,000円前後

概要

ド本命。みんな大好きディズニー。
あたって困る人は多分そんなにいない。

以前は質屋とかでも入手可能だったが最近は規制が強化されており正規ルート以外では入手不可能。
用意する際は事前に準備をしておく必要があるので早めに決めてしまいたい。

デジタルカメラ

価格帯

5,000円〜20,000円

概要

持っている人でも持っていない人でも軽いし、そこそこ使えるので割と評判がよく鉄板ネタ。
モノを選ばなければ10,000円以下でも入手可能なのでチェックしてほしい。
紹介のものはAmazonで8,900円で入手可能。
高いのはいくらでもあるので景品のレベル調整という意味でも優秀です。

高級肉

価格帯

6,000円〜10,000円

概要

こちらもあたると盛り上がるシリーズ。目録なので重くないのもポイントが高い。
産地を変えるだけでもバリエーションを付けられるので重宝します。

アロマディフューザ

価格帯

2,000円〜6,000円

概要

女性受けも良いアロマディフューザ。
男性が持っていても違和感がないデザインだと良いですね。
オススメはアロマオイルがついているセットですが、単品であれば値段を下げられる。

無印良品はシンプルで万人受けするデザインです。

ipod

価格帯

6,000円〜16,000円

概要

いまはスマホで聴いている人もいるので意外と持っていないのがipodです。
Shuffleであれば6000円前後、nanoであれば16,000円前後で入手可能です。

ギフト券

価格帯

1,000円〜10,000円

概要

ギフト券は価格を調整できるのが魅力。
みんなが使うようなAmazonやJCBのギフト券がオススメ。

タブレット

価格帯

12,000円〜30,000円

概要

スマホは持っていてもタブレットを持っている人はそんなに多くない。
価格帯的にもメインの1つにしても良い感じ。
Kindleは種類も豊富で安いものもあるのでオススメです。

これは買い!Kindle fire HD8を1週間使ってみました

2017.03.25

ミニ四駆

価格帯

700円前後

概要

男性の出席者が多いときにオススメ。
参加者の世代に響くシャーシにするかガチで戦えるシャーシにするかは購入者のセンスが問われるところ。

ゴールドティッシュ

価格帯

850円

概要

ジョークグッズとして。
意外と値段がしますが笑いは取れるでしょう。
1つくらいこういうのがあっても良い。

電動歯ブラシ

価格帯

1,000円前後

概要

もらったら地味に嬉しい感じのやつ。
値段もピンきりですが安くてもこれで十分性能を発揮します。

ラジコン

価格帯

2,000円〜5,000円

概要

家族が多いときのオススメ。
ラジコンは意外と安いのが多いです。

真空断熱タンブラー

価格帯

1,500円

概要

もらったら地味に嬉しいシリーズ。

今日のまとめ

いかがだったでしょうか。
景品と言うからには誰がもらってもそれなりに使えるものがいいですよね。
個人の好みで大きく左右されるようなアイテムは選ばないのが景品選びのコツですよ。

完全な経験談ですが景品の数は参加者の1割〜2割ぐらいの人に当たるぐらいの数を用意するとちょうどいい気がします。