[S] RAW現像がしたいときは「SILKYPIX Developer Studio」

RAW現像をどのようにやっているでしょうか。私はメーカ付属の現像ソフトを使うことが多いのですが処理がちょっと遅かったりと気になるところがあったので専用のソフトを手に入れたいと考えていました。

RAW現像といえばAdobeのLightroomですが月額で費用が発生するのでそんなに使うか悩ましい。ということで何か良い製品はないものかと悩んでいました。

そんな折にSILKYPIXならいいんじゃない?と紹介されたので買ってみました。

実際に買ってみた

SILKYPIXは市川ソフトラボラトリーが開発・販売している製品です。SILKYPIX Developer Studioと上位版であるProモデルがあります。SILKYPIX Developer Studioはパッケージ版だと22,140円ですがダウンロード版ですとキャンペーン価格でなんと「6,800円」で購入することが出来ました。

 

WS_013

そして、このSILKYPIX Developer Studioは1ライセンス購入すると2台のPCにインストールできます。デスクトップとMacbookの両方に入れたかった私にとってはうってつけです。

WS_014

ということでダウンロード版を購入してみます。

WS_023

市川ソフトラボラトリーのユーザログインをします。会員登録をしていない場合はそちらを先にやることになります。

WS_024

すると支払いの画面になり、お届け先の指定から始まります。とは言ってもダウンロード版を購入する予定なのであまり意味はありません。

WS_026

次に支払い方法・お届け時間等の指定になります。

WS_027

支払い方法まで確定すると入力内容の確認を行います。

WS_028

クレジットカードの場合は支払い処理を行います。

WS_029

購入することが出来ました。

WS_030

さっそくSILKYPIXをダウンロードしてみます。

WS_031

インストールするとこのように無事、動作させることが出来ました。

WS_032

今日のまとめ

Lightroomがほしいけど月額料金を払うほどではないなと悩んでいるときに、SILKYPIXは非常に有用な選択肢になるでしょう。実際に使用してみた使用感は後日レビューします。

Macにも導入できるのがいい感じですね。