[S] 内定をもらったあとも就活を続けるべき2つの理由

以前、会社説明会に行ったその日に内定をもらった話をご紹介しましたが、私はその後も継続して就活を行っていました。これから就活を受ける皆さんにはぜひ就活を継続し、1社だけではなく複数企業から内定を得てほしいと考えています。この記事では内定後に就活を続ける意義は大きく2点あります。

[S] 会社説明会に行ったら内定をもらった日

2016.09.18

より上の会社に挑戦する

ひとつでも内定を持つと、その安心感と勢いで、より上の会社に挑戦しても受かりやすくなります。RPGでいうところのボス弱体化アイテムを手に入れたような状態ですね。そのままでも倒せないことはないですがアイテムがあることでより戦いを自分の有利に進めやすくなります。

内定が0のときはどこでもいいから受かりたいという気持ちが出てきてしまい、面接でも八方美人な態度になりかえって受かりづらくなってしまいますが、1つでも内定が出ると大きく2つの変化が起こります。

安心感

1つはひとつでも内定を持つことで「何かあってもここに行くことが出来る」という安心感を得ることが出来ます。

本人の志望する会社は違う会社だったとしても「でも、なんとかなる」という状態があるのとないのとでは気持ちが全く違っており余裕を持って面接に臨むことができるようになります。

強い気持ちで望むことが出来る

受かりたいという状態と自分が行く会社を選ぶことが出来るという状態では大きく違います。たとえ、自分が第一希望の会社であったとしても媚びの姿勢になった瞬間にお客さんになってしまいます。媚びてしまったら仲間にはなれません。自分はこの会社に入る価値がありますよと見せるアピールしなければならないのです。

「就活という場では会社と自分は対等である」という気持ちを持つためにはどこかでセーフティがないといけません。内定を1つ持っていることでより自分を主張することが出来るようになります。

後悔をなくす

あのときに受けていれば

就活のときに受けずにいるとあとで「就活のときにあの会社受けてたらどうなっていたかな」などと余計な迷いが出てくる可能性があります。

私はその可能性を排除するため少しでも興味がある会社は片っ端から受けてみることにしました。たくさん受けた分落とされた会社もたくさんありますが、そのおかげで8年以上経過した今でもあのときここを受けていれば…と考えたことはありません。

自分で会社を選ぶことが出来る

就活を続けることで複数企業から内定をもらえる可能性が高くなります。自分が行きたい会社を選ぶことで自分が選んだという前向きな気持ちで会社に入ることが出来ます。

あのときこっちじゃなくてあっちに入っていれば…という悩みが出るかもしれませんが。

今日のまとめ

大企業→中小企業を受ける場合と中小企業→大企業を受ける場合はやっていることは同じですが、その後のスタンスに大きな影響を与えます。
毎年、大企業の就活のスタートは中小企業と比べ遅く始まります。エントリーシートやWEB試験などはあっても面接などはずっと後になるのでそういう時期から中小企業を率先して受けましょう。

常に目の前の会社が第一希望という気持ちを持ち、最初こそ中小企業を受けるべきです。