[S] おサイフケータイではないけれどiDを使いたいときは

MVNOにするとおサイフケータイが付いていない端末になることも多いです。おサイフケータイが付いていればDocomoの電子マネー「iD」を利用することが出来ます。

iDは後払いの電子マネーのため、チャージ金額を気にせず使えるなどのメリットがある電子マネーです。最近ではApple Payでも利用できるようになったため使える範囲が広がっていますが、やはりおサイフケータイに対応していることが必須条件です。

それでも使いたいというときにはiDを搭載しているクレジットカードがありますのでそちらを利用しましょう。

iDとは

そもそもiDとはどういうサービスかを軽くおさらいです。

概要

「iD」はDocomoが提供している電子マネーです。iDに対応したスマホやカードをかざすことで支払いができます。
電子マネーでめずらしいポストペイ(後払い)に対応しているためチャージ金額などを事前に確認する必要がありません。

どうやって使うか

使い方は大きく分類すると、スマホを使う場合とカードで使う場合があります。

スマホの場合

おサイフケータイに対応している携帯であればiDのサービスとクレジットカードを連携すれば利用できるようになります。

カードの場合

iDに対応しているカードはあまりありませんが、三井住友VISAカードなどがiDに対応しています。

どこで使えるか

iDに加盟しているお店はiDの公式ページで紹介されています。電子マネーが利用できるお店であれば多くのところはiDを利用できるようです。

三井住友VISAカードとは

三井住友VISAカードは、SMBCグループの三井住友VISAカードが発行しています。他のクレジットカードとの違いとしては、海外旅行傷害保険が自動付帯で年会費無料にできるカードがあるなど海外旅行に対して強い点やポイントの交換先が抱負なことが挙げられます。

ポイント還元率は標準のクラシックなどでは0.5%と高い方ではありません。

年会費

三井住友VISAカードで気になってくるのはやはり年会費です。三井住友VISAカードではいくつかのバリエーションがありますがその多くは初年度が無料です。しかし2年目以降から年会費がかかるようになります。

こちらについてはマイ・ペイすリボへの登録・利用で無料や割引を受けることが出来るようになりますが、マイ・ペイすリボというのはとどのつまり自動的にリボ払いにする仕組みですので管理に注意をする必要があります。

とは言え、マイ・ペイすリボには毎月の支払い金額を事前に設定できますのでカードの支払い上限額を設定すれば実質的に一括払いと同じ状態に出来るので利用するときは必ずこの設定を行いましょう。

今日のまとめ

MVNOでおサイフケータイがない機種を利用する場合にはiDは使えなくなります。利用したい場合には今回ご紹介したようなカード型のiDを利用するようにしましょう。