[S] 検証!電力自由化で電気料金は安くなったのか

電力自由化で新電力会社に移行してから3ヶ月が経ちました。

私は昨年の7月に今の住居に引っ越したため、電気料金の比較がやっとできるように

なったので去年と今年の8月分電気料金を比較することで電力自由化の効果を検証します。

去年の電気料金

去年の電気料金です。30日間の使用で331kwhを使用しており、電気料金は8993円です。

新生児がいたのでエアコンを使う時間が長かったです。この年で一番電気を使っています。

IMG_20160826_211336_R

今年の電気料金

今年の電気料金です。31日間で281kwhを使用し、6528円でした。

IMG_20160826_212737A_R

 

IMG_20160826_212737B_R

 

電力自由化で安くなった!?

去年は8993円で今年は6528円。電気料金が今年の方が安い!となるのはまだ早いです。

なぜなら使用した電力量が違うからです。去年が331kwhで今年が281kwh。

使用量の違いが明らかです。

もし、今年331kwh使ったらどうなっていたのでしょうか。

電力使用量に依存しない料金部分(ガス併用割引額、燃料費調整額、再エネ賦課金)を

そのままとして試算すると7816円となり、1177円安くなりました。

今度こそ、電力自由化で電気料金が安くなっていたと言えそうです!

電気料金の違い

では電気料金の違いはどこにあるのでしょうか。

それは基本料金と3段階の電力使用量の違いから出てきます。

基本料金は単純な契約したアンペア数で課金される料金、

X段階料金は電力の使用量に応じた課金です。

段階料金は

1段階目:0~120Kwh

2段階目:121~300kwh

3段階目:301kwh~

となっており、各段階の料金は電力会社ごとに異なっています。

我家の場合は下の表のとおりです。

旧電力会社 新電力会社
基本料金 842円40銭 842円40銭
1段階料金 19円52銭 23円60銭
2段階料金 26円00銭 23円70銭
3段階料金 30円02銭 27円00銭

見比べればわかる通り、旧電力会社は1段階目がずば抜けて低い代わりに

2段階、3段階で急激に料金があがります。

一方、新電力会社は1段階目は1kwhあたり4円ほど高いものの

2段階、3段階ともに緩やかに値上がりしています。

この差が電気料金の差として現れてくることになります。

どこの電力会社がお得なのか

純粋に電気料金だけを見る場合、毎月どのぐらいの電気を使うかによって

お得な電力会社が変わってきます。今回の例では電力が200kwhぐらいで

収まっているご家庭は旧の方がやすいかもしれません。

(損益分岐点を計算した方がいたら教えて下さい。)

普段どれぐらい使っているか使用量を点検するのが良いでしょう。電気料金については

各電力会社でシミュレーションが出来ます。ただし、シミュレーションは1ヶ月分だけ

を入力して他の月は想定で金額を計算します。なのでどこかで都合の良い数字が使われて

いるかもしれません。

まずは最大で使っている月(おそらく8月)と最小の月の2パターンを入力してみて

どうなるか計算してみると良いのではないでしょうか。

 

おまけ

新電力料金を331kwhで計算した時の計算です。

基本料金:842.4円

1段階料金:23.6(円)*120(kwh)=2832.0円

2段階料金:23.7(円)*180(kwh)=4266.0円

3段階料金:27.0(円)*31(kwh)=837.0円

電気料金(小計)=8777.4円

電気料金(合計)=8777.4-281(ガス併用割引)-1312.27(燃料費調整額)+632(再エネ賦課金)=7816円(小数点切り捨て)